Top > 太陽光 > 太陽光発電は賛成だけど個人での設置はハードル高い

太陽光発電は賛成だけど個人での設置はハードル高い

再生可能エネルギーに早期にテンポよく転換していくのが理想ですが、個人宅に太陽光発電を設置しようとすると100万〜200万かかるようです。国からの補助金はなし、地方自治体からは自治体により違いがあるのですが金額は10万以下位です。売電収入は年々下がっていますから、どれ程収入として得れるのかの見通しも立たないように思います。設置後10年で元を取れるといいといいますが、その根拠やパネル自体のメンテナンスや最近の急激な天候変化にどれ程耐えるのかも不安材料になります。パネル設置時に蓄電器も設置すればより効果的だと思いますが、蓄電器の費用も加算されると後々は+−ゼロになるのでしょうか。太陽光は日照時間が確保せれてかつ設置場所も確保されれば、CO2排出しないしとても環境面を考えるとすぐにでも設置したくなるのですが、個人ではハードルが高いと思います。やはり企業や自治体が動いて耕作放棄地とかを有効活用して頂くしかないように思います。

ガリレオコーポレーションの口コミ・評判の比較

太陽光

関連エントリー
太陽光発電は賛成だけど個人での設置はハードル高い
カテゴリー
更新履歴
葉酸サプリメントが重要な理由(2017年10月 1日)
松たか子に似てると(2017年8月21日)
外壁塗装の見積もり(2017年8月15日)
太陽光発電は賛成だけど個人での設置はハードル高い(2017年7月27日)
東京都内のパパ活募集ならデート倶楽部や交際クラブで富裕層をゲット(2017年2月18日)